【訪問介護】〜サービス提供責任者によるアセスメントの重要性〜

訪問介護 アセスメント サービス提供責任

こんにちは!コタローです!
サービス提供責任者には、重要な業務としてアセスメントがあります。

介護タロウさん

アセスメントってそんなに重要ですか?
日頃のケアの方が重要だと思います!

もちろんケアも大事です!しかし、そのケアを適切に行うことができるようには、しっかりとしたアセスメントが重要です。

この記事はこんな方にオススメ

サービス提供責任者になったばかりの方

サービス提供責任者を目指している方

アセスメントの知識を再確認をしたい方

目次

アセスメントとは?

【課題分析】と訳され、情報収集と分析を行います。
導き出された課題点などをもとに、どの部分に・どんな援助が必要なのかを解明した上で、ご利用者様にサービスが提供されるという流れです。

ひと言で課題分析と言ってもその範囲は広く、厚生労働省が示している課題分析標準項目」という23項目からなる事項の聞き取りを行い、その結果を元に課題の分析を行います。

使用する書式などに関しては、基本的な書式はなく課題分析標準項目が網羅できているものであればどのような書式を使用しても大丈夫です。事業所が所在する市区町村によっては、ホームページでアセスメントの書式を提示してくれているところもありますので、ご確認ください。

アセスメントに関する23項目は以下になりますが、とても長いので確認したい方はプルダウンからご覧ください。

以上の23項目から構成されております。

この、課題分析標準項目に定められている23項目以外でも追加してお聞きする必要があります。標準項目は、あくまで目安であって、そのご利用者様個人によって生活環境なども変わってくるので、必然的に聞き取り項目も増えます。

アセスメントはなぜ重要なのか?

訪問介護 アセスメント サービス提供責任
介護タロウさん

ケアを行うことが重要でしょ!

そう!ケアは重要です!
でも、そのケアは真に必要な部分に提供されているのでしょうか?

介護タロウさん

どういうこと?

アセスメント(課題分析)を行ない、仮説を立て検証をすることでサービスに繋がる根拠を導き出しすことができます!

アセスメントを行うことで分かることは、そのご利用者様がのような思い・希望があるか、どの程度の身体能力があって、どの部分に困っていてどのような援助が必要なのかどの程度ご家族の協力を得られるかどのような生活環境で暮らしているかどのような生活(人生)を今まで送ってきたか等の洗い出しを行います。

アセスメントから導き出された情報を総合して、仮説(この方が抱えている悩みは、〇〇なのかもしれない…なぜ〇〇なんだろう…?)を立てます。

このなぜ〇〇なんだろう?というところが重要です。アセスメント行っていくうちになぜ?がたくさん出てくると思いますが、そのなぜ?を検証(解き明かしていく)ことで、そうか!この方はここの部分に悩みを抱えていたのか!こんな問題があったのか!ということが解明されてきます。

仮説と検証を繰り返すことで、真に必要な援助を導き出せるアセスメントは訪問介護サービスの中でも重要と言えます。

まとめ

アセスメントを行うことで、真に必要な部分に援助が行き渡るということは訪問介護のみならず全ての職種にも言えることだと思います。

適切な援助を実施するために行うアセスメントは、1回の面談では決して終わりません。何度もアセスメントを行ない、成功と失敗を繰り返し、長い時間をかけてようやく真の必要な援助に辿りつくことができます。

また、アセスメント情報は事業所内のチームで共有することにより、意識の統一を図り援助を実施することができます。統一されたサービスは、ご利用者様にとって、より安心した気持ちで在宅生活を送ることができるようになります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

SWELL

シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

スポンサーリンク

訪問介護 アセスメント サービス提供責任

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

介護のお仕事を18年しております!
事業責任者、ケアマネージャー、サービス提供責任者、ソーシャルワーカーなどの経験あり!現在は、地域福祉に貢献したいという初心を思い出し地元都内で介護のお仕事をしております!

コメント

コメントする

目次
閉じる