【介護者サロン】を活用し、情報収集や交流をしよう!

介護者サロン 認知症カフェ

介護者サロンをご存知でしょうか?

高齢者や認知症の方を介護している介護者が集う情報交換や交流を目的とした場所です」。

参加自体に大きな制限もなく、気軽に参加でき普段の介護で困っていることや悩みを「同じ介護者の目線」で語り合うことができます。

こんなに介護を頑張っているのに誰も分かってくれない…

毎日の介護で疲労困ぱいです。誰かに相談できたらなぁ…

このようにお考えの方には特に参加をしていただきたい場所になります。

おひとりで介護をされている方は、なかなか家から出ることができず、「家に引きこもりがちになってしまう」ことや「他者との交流や息抜きができる場所がない」。このような問題は、在宅介護を行っていくうえでとても深刻です。

はっきり言って、「介護は大変です」。寝たりきりの場合や認知症を抱えている方であればなおのこと。

日々、時間に追われ食事・排泄の介助、認知症の方であれば症状は人それぞれですが、徘徊や異食などが見られる場合は目が離せません。

こうも時間に追われていると、心身の疲労やストレスも溜まり介護者の方の健康状態も深刻な問題になります。

介護サービスを活用することを考慮しても複雑な制度や種類の知識を持っておくこと現在進行形で介護を行っている方の知恵知識を教えてもらうことは介護生活の中で大きな財産になります。

介護者サロンでは、介護問題に直面している方に気軽に参加していただける場になりますので、ぜひ参加をしてみてください。

目次

介護者サロンはどこで開催されているの?

介護者サロンは、主にお住まいの地域で開催されています。

市区町村のホームページや社会福祉協議会などの情報で開催場所を確認することもできます。また、ネット検索で、「介護者サロン 地域名」と調べることで探すことができます。その他、認知症についてしる・学ぶことができる「認知症カフェ」と検索でも調べることができます。

開催は概ね、月1回程度で日中の時間で2〜3時間ほど開催されていることが多いです。参加費用も数百円程度(飲み物やお菓子代)となっており、地域の方と会話をしながら交流をすることができます。

日中であれば、介護対象者の方がデイサービスなどに行かれている時間を利用して参加をすることができますね。

おわりに

介護受けるご高齢者の方も大切ですが、介護を行われる介護者の方も大切な存在です。

昨今では、介護を理由に仕事を退職される介護離職、介護を苦に虐待などが起きてしまった悲しいニュースも目にします。

冒頭でも記載しましたが、介護は大変です。おひとりで介護の問題を抱えないよう相談できる場所を知っておくことは重要なことになります。

日頃の介護でのお悩みや不安な思いを相談できる介護者サロンはとても大きな役割を担っています。介護経験者同士が同じ目線で悩みや不安などの共有し無理のない介護生活を送っていただければと思います。

SWELL

シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

スポンサーリンク

介護者サロン 認知症カフェ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

介護のお仕事を18年しております!
事業責任者、ケアマネージャー、サービス提供責任者、ソーシャルワーカーなどの経験あり!現在は、地域福祉に貢献したいという初心を思い出し地元都内で介護のお仕事をしております!

コメント

コメントする

目次
閉じる