【高齢者向け】宅配弁当をお探しならシニアのあんしん相談室! こちらをクリック

【未経験で介護職への転職】をお考えの方へ!介護職の魅力をお伝えします!

こんにちは。コタローです。
最近のコロナ禍で、介護職へのスポットライトが当たっています。
介護職は不況に強く、キャリアアップや独立も目指すこともできるんですよ。

未経験で介護業界への転職に興味を持ってくださった方は、まずネットなどで介護業界の情報を検索されると思いますが、検索結果は介護は暗い、給料安い、将来性が不安、人間関係大変そう。などなどの情報が表示されると思います。

介護の仕事は安定してるの?給料が安いイメージが強いんですよ。
自分も30代なので、介護業界に興味はあるけど未経験で転職をするのは正直、不安です。

コタロー

そんなイメージですか…
しかし、介護職には職員の処遇を改善するための処遇改善加算特定事業所加算という介護の報酬をアップしてくれる制度があり、介護職員への待遇改善にスポットライトが当たっています!
また、未経験の方でも間口が広く、歓迎されることも多いです。

そうなんですか!?少しお話を聞かせてください。

こんな方に介護職への転職をお勧めしたい!

✅ 未経験でも介護業界で働いてみたい・興味がある

✅ 副業として介護の仕事をしてみたい

✅ 今の職種に不安がある方

介護士のコタローです!
この記事を書いた人
  • 介護業界で働いて18年
  • 介護福祉士・社会福祉士・ケアマネ
  • 主に在宅介護で活動をしており現場・ケアマネ業務・事業責任者を経験
目次

今、介護職がオススメな理由

社会福祉 介護 転職 コロナ 仕事
私が介護職をオススメする理由 7選
  1. 景気に左右されることなく安定的な報酬が入る。
  2. 給料減額やボーナスも下がることはよほどのことがない限りない
  3. 未経験の方でも役職を得ることで給与UPやさらなるキャリアアップを目指すことができる
  4. パート・契約社員などの雇用形態でも介護福祉士やケアマネージャーなどの資格取得の実務経験が積める
  5. 市場が大きいため、今後注目される業界である
  6. 独立を目指せる
  7. 就職先が多い

私は、介護業界に携わり約18年が経過しました。

一番初めは、大学生のときにはじめた訪問介護の登録ヘルパーから介護の仕事を本格的に始め、卒業と同時にお世話になっていた事業所に正社員として入社しました。

2000年から始まった介護保険制度により民間企業の介護業界への参入も著しく増加しておりましたが、約18年前の私の給料は正社員の常勤ヘルパーで16万円程度でした。手取りにすると約13万円。少ないですね…

ちなみに都内中央に位置するところで働いていました。

現在も都内の訪問介護事業所でサービス提供責任者として働いておりますが、30台中盤の平均年収ほどの収入を得ることができています。

大手企業などと比較すると少ないですが、おおよそ平均年収ほどの収入はあります。

介護業界も少しずつですが、給与面にスポットライトが当たってきており年収が上がる仕組みが出来上がってきています。

それには加算というものが関わってきているからです。介護職員の処遇の改善を目的とした処遇改善加算と特定の要件を満たすことで取得できる特定事業所加算というものがあります。この加算のおかげで介護職員の給与アップに繋がっています。

また、直近の大きなとして「2025年問題」というものがあります。これは、日本で一番人口の多い団塊世代(1947~49年生まれ:ベビーブーム)の方々約800万人が75歳以上となるものです。考えられるリスクとして高齢者人口(65歳以上)が3650万人となり認知症高齢者や単身世帯が急増することが予想されています。

簡単にいうと、大量の要援助者が出る可能性があるということです。それにともない介護職員を確保しなければいけないこと、介護の財源不足が見込まれています。

介護職の数でいえば約250万人程度の人員が必要と見込まれておりますが、現在では215万人となっており、35万人程度の介護職員が不足をしている状態です。そのため、介護職員の増員はどの事業所も急務であり就職先も多くあります。

介護職の有効求人倍率は約13倍ほどになっております。
訪問介護のホームヘルパーで言うと15倍までに上昇しています。

それは仕事がたくさんあるということですか?

そうですね!求人は本当にたくさん出ています。
また、介護職は明確なキャリア形成も考えられます。

キャリアアップをしたい方でも雇用体系にかかわらず資格取得の実務経験を積むことができますので、ゆくゆくはケアマネージャーを目指したい方やデイサービスで生活相談員をやってみたいなどの希望も自分次第で叶えることができます。

現在は、コロナウイルスの影響で仕事を失ってしまわれた方も、安定的に働きたいという思いがあれば介護業界という選択肢もありだとは思います。

個人的には、ずっと訪問介護で働いてきたので訪問介護に興味をお持ちいただけると嬉しいです笑

介護職への転職について

まずは、介護業界への転職を検討されている場合、資格取得のために資料請求などから始めても良いのですが、介護系の転職サイトを利用するのも有効です。

介護の転職サイトは、多くの情報を持っており未経験・無資格でも相談に乗ってくださいます。

自分の働きたい希望条件や勤務地、休みの希望が通るのか。そういったことも相談できることが強みです。

介護の求人では、カイゴジョブは求人数も多く選択肢が広がります。

私もカイゴジョブを利用し、転職活動をしたことがあります。
エージェントの方も色々と希望を聞き取ってくださり丁寧に対応してくださったことが印象的でした。特に介護の求人数が豊富で選択肢が多いことが強みですね。

もうひとつは、かいご畑です。キャリアアップ応援制度というものがあり、働きながら介護の資格取得ができ講座の受講料が0円になるというものです。資格取得には、約10万円ほどの費用がかかってくるので、今後、資格取得を検討されている方やキャリアアップを目指す方ならうれしい制度ですね。

きらケアもオススメです✨高待遇の求人やアドバイザーさんとの面談により求職者様の希望の聞き取りや個人が持つ強みの発掘などアドバイスや今後のキャリアを相談できるのが強みです!
なかなか転職に踏み出せない方でも、相談から乗っていただけます!

まずは、どのようなスクールがあるのか?をご覧になりたい方は、資格情報サイトのシカトルがオススメです!

介護職員初任者研修にかかる費用や場所などを比較できるよう資料請求ができます。

また、副業で介護のお仕事を始めてみたい方にオススメしたいのが訪問介護での登録ヘルパーです。初任者研修の資格が必要になりますが、自分の空いている時間でお仕事ができ、プライベートと仕事を両立してお仕事ができます。

へぇ〜、介護の働き方って色々あるんだなぁ!まずは、副業でパートで働いてみて合うようなら転職も考えられますね。ちょっと興味が出てきた!

介護業界自体が本当に人手不足となっており、常に求人をかけている状況が続いています。

介護業界へ転職してみたい、興味を持っていただいた方への参考になれば幸いです!

最後までお読みいただきありがとうございました。

SWELL

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

介護のお仕事を18年しております!
事業責任者、ケアマネージャー、サービス提供責任者、ソーシャルワーカーなどの経験あり!現在は、地域福祉に貢献したいという初心を思い出し地元都内で介護のお仕事をしております!

コメント

コメントする

目次
閉じる